中世の街並みトルンの銘菓「ピエルニク」

H_20171010153650_593

ポーランド旅行、初日の観光で来た中世の街「トルン」。この日の午前中はワルシャワ観光でした。バスで移動してトルンに到着したのは夕方近かったと思う。

H_20171010155432_616

若い女性のガイドさん。日本語の発音が綺麗で驚きました。

H_20171010155544_617-001

ここにも「ピエルニク」のお店が在ったのですね!
H_20171010155852_624 H_20171010155946_625

窓にテディベア?天文学者コペルニクスの生まれ故郷として知られるトルンという街の名前が可愛くて気に入りました。名前の由来はいくつかの説があるそうですが、その中に北欧神話の神トールに由来するとか。はじめさんは、フィンランドの「トゥルク」と勘違いしてしまう事しばしば。

H_20171010161018_637

夕暮れの街歩き。

H_20171010161144_638

コペルニクスの像。

H_20171010161246_643-001 H_20171010161516_650

ガイドさんの説明を聞きながら街を歩きます。また窓に人が。

H_20171010162000_657

歩いて廻れるくらい小さな街なのだとか。いつかゆっくり訪れたいものです。

H_20171010162014_658-001

素敵な街です。

H_20171010162148_661-002

ガイドさんも大好きだというトルンの銘菓「ピエルニク」をガイドさんから戴きました。スパイシーなジンジャーブレッドです。なんと、ショパンもお気に入りのお菓子で、トルンを訪れた時には「ピエルニク」を家族に送ったのだとか。

H_20171010162432_664 H_20171010162610_667

聖マリア教会。

H_20171010163010_675

センスが光ります。Cafeに入ってみたかった…

H_20171010163152_677

ガイドさんにピエルニクのお店が何処にあるのか聞きました。向うにあるそうです。

H_20171010170406_682-001

お店の中には色々なピエルニクがあって、どれを選ぶか迷いまくりました。

DSC_3004

はじめさんが絶対欲しかったのはホワイトチョコレートがコーティングされたもの。無事にGETしてきました。中にジャムが入っています。

M_20171010225533_0690 M_20171010230956_0695

狭い通りも絵になる。

M_20171011002637_0704

バスから眺めたヴィスワ川。

M_20171017134228_5

 

トルンという可愛らしい街がすっかり気に入りました。そして、ショパンが好きだったという「ピエルニク」というお菓子の事を知ったのも嬉しい出来事でした。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 旅行 travel, 食事・食べ物 food, 癒やし healing パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください