レッスン態度の悪い生徒にハッキリと言う事

DSC_0878

今朝は雨。午前中に予定していた大人の生徒さんがレッスンをキャンセルした。

発表会が終わると、気が抜ける生徒さんが多いので、次の目標を立てるようにしている。お正月の「お弾き初め会」に向けての選曲だ。発表会と違ったスタンス。レッスンの回数が多くない中で、ある程度は自分の力で仕上げるというようにしている。

DSC_0879

今日の生徒さんは練習不足な人が続出のためか、頭痛がしてきた。(^^; ファスティングも6週目だが、ドリンクをあまり飲まなくても空腹感が無い。

長い事、反抗期が続きレッスン態度の悪い生徒さんのお母さんに「ブチ切れて暴言を吐いたり態度が悪くならないよう自宅で気をつけて、レッスンに来るなら、レッスンを受けられるような態度で来てください」と数ヶ月前に伝えて、以来レッスンの様子を録画している。その子はピアノは嫌いではないのだが練習嫌いで、ほとんど練習せずに来る。そして、練習不足ゆえ、当然弾け無くなり、態度が悪くなるのだ。だから初めに「今日は、レッスン受けられるの?」と聞くようにしている。受けられると頷く。練習していない時はレッスンの初めに練習していない事を言う約束になっているのだが、今日も出来なかった。

「メロディーを弾いてみましょう。次はメロディーではない方を弾いてみましょう」つっかえつっかえ、譜読みをレッスンの場でしている状態。小さい子ではないのに…、いやいや、小さい子でも現状に気がつくのだけれどなぁ。30分経ったところで、「後は自分で練習してくるように」と伝えた。「本来、譜読みは自宅でやってくるものですよ」と伝えると、それが気分を害したのかどうか分からないが、それから無反応になった。「レッスンを受ける態度がこんな風だと、この教室ではもうあなたを教える事が出来ません。録画をお母さんに観てもらって辞めてもらいます」と、これは初めて言ったと思う。

録画を録って、それをご父兄に観てもらうというのは実際にはまだ行っていません。ある意味で脅しですが、それでもレッスンを受けるという事に緊張感を持ってもらいたいです。挨拶、返事は最低限のマナーですからね。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
ブログランキング・にほんブログ村へ<--- Thank you!
カテゴリー: ピアノ piano パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください